ホーム > 不動産 > ロフトのある家

ロフトのある家

まだ20代の頃、新潟から上京したてで初めての一人暮らし、なんでも物珍しくて、ロフトのあるアパートを案内されて、これまたその珍しさに舞い上がってしまい、即決で申し込みをしてしまった。実際住み始めると、初めはロフトに布団を持ち上げて寝ていたのだけど、6月になり気温も徐々に上がり始めて、段々熱気がこもるようになり、とてもじゃないが寝ていられない状況になって、次に引っ越す時はロフトの無いアパートにしようと決めた。それから10数年たち、結婚して子供も出来て、ソロソロ自分の城が欲しくなり、住み慣れた二俣川で一戸建てを購入しようとネットで探し始めたのだけど、場所と価格は良いのに、屋根裏部屋(ロフト付)の表記が・・・あの悪夢がよみがえった。。。


関連記事

ロフトのある家
まだ20代の頃、新潟から上京したてで初めての一人暮らし、なんでも物珍しくて、ロフ...
休みの日に
先日契約した、鶴ヶ峰の賃貸マンションに駐車場の設置が無くて、引越し前最後の休日に...
夢のマイホーム
本日、無事に鶴ヶ峰の新築一戸建ての契約を終えた。これで夢のマイホームに一歩前進し...